老人性は脂漏性角化症

老人性イボができる原因

老人性イボは40代から50代からでき始めます。紫外線を浴びることが多い方はできやすいようです。 別名を脂漏性角化症と言います。角質が厚くなってそこに老人性イボが出来ていきます。 80代では8割の方に老人性イボがあります。 また20代から30代でも老人性イボが出来るケースもあります。 原因は紫外線を強く浴びることによって起きると言われていますので紫外線対策も必要です。 「若い時に紫外線を浴びると良くない」と良く言われていますが老人性イボもその紫外線によるもののようです。 そのため外出して紫外線を浴びるときにはそれなりの対策を考えなければなりません。 紫外線カット関連商品の利用や日頃のスキンケアの重要性を感じます。

今後の対策は

老人性イボはそのまま放置しておいても治りません。またそれ以上増やさないための対策が必要です。 病院での治療と自宅でのケアの2つの方法があります。 病院で処置していただくのが一番だとお考えの方も多いでしょう。 やはり専門医の診察を受ければ間違いありません。レーザーを使っての除去もできます。 残念ながら一度除去してもまた出来てしまうこともあるようです。 完全になくなることはないと考え長期的な治療が必要になってきます。 また自宅でのケアは老人性イボの除去や予防に有効とされる保湿効果や美肌効果のある化粧品の利用です。自分の肌や体質に合った商品を見つけて気長に効果を期待していきます。 何もしないでいては良くなることはありませんので少しでも増やさないための努力が必要です。